オタクの独り言

若手俳優・ハロプロ・2次元(うたプリ)が好きな成人済のオタクが最近はプロレスのことを殴り書きするブログ

G1勝敗予想プレゼント企画が本当だった件について


勝敗予想プレゼント企画……


当たることはないと思っていたけど、


がっつり当たってしまいました……!



しかも、内藤さんが優勝を決めた13日の予想で……



((((;゚Д゚))))


だって、確認しましたら、勝敗予想企画に参加した約7割の人は、内藤さんの予想でしたよ?


嬉しいけど、まさか……!という気持ちでいっぱいでございます。



プレゼント企画なので、ありがたくトートバッグいただきます。


新参オタクなりに、

新日本プロレス

ますますのご発展を

お祈りしています。







祈る代わりに、選手の生命を削るような試合の成分を薄めてくれると、助かりますけどね!!

ちょっと辛口に書いちゃったよ、もう……


パッと見、北斗晶さんに似てるなとか思ってすみません……

完全におばs……おっと、誰か来たようだ







せっかく髪まで切ったのだから、無事映画成功すればいいですね!

内藤さん、G1優勝おめでとうございました!

大方の予想通りの結果でしたね!
内藤さん、優勝おめでとうございます!



ふと7月末のG1中に、

『週プロ、Numberと立て続けに、やたら内藤少年の立てた夢の話が出てたな?まさか、優勝予想とかもはや意味はなく、確実に、意図的に、これは内藤優勝ストーリーしかないんじゃ……』


と思いました。

そこに気づいてから、誰に負け、誰と東京ドームまでのシリーズで、権利書戦やるんだろう?と考えてました。

まぁ、私の、飯伏、YOSHI-HASHIという予想は脆くも崩れ去ったわけですが……。
だって!
両選手への噛みつき方が尋常じゃなかったと思ったんですもん!!←
同い年だから噛みつき方が尋常じゃなかっただけなんですかね!?!?(笑)



試合内容は、んー……

長期離脱を余儀なくされた大ケガを負った選手を、短期間に2人も出したのに、すごく攻める内容だな……という印象でした。
お互いの信頼関係がなせる技であり、2人の受け身の上手さがなせる技とはいえ、とても観ていて辛かったです。

格闘技に怪我はつきものなのは分かるんですが、他の格闘技と訳が違うような……。
私は、危険で、生命を削るような技には、全く期待してないので、ケガや最悪死に繋がらなければいいな…とずっと祈るばかりでした。
手に汗握って疲れるんじゃなくて、何事もなきゃいいな……と思いながら観て疲れるんじゃ、疲れ方は後者の方がしんどいです。
客の期待感に答えてるだけなんだろうと思いますが、レスラーだって人間なのだから少しは自分の身体のことを大事にして欲しいです。

余談ですが、セミのEVILが現チャンプにダメ押しのパイプ椅子上にダークネスホールズをお見舞いしましたが、あれもやめて欲しかったです。あれは確実に余計でした。
オカダさん、本当に大丈夫か心配です。


そして、まさかスターダストプレスが出るとは思いませんでした。
G1優勝の日のためとは思いませんが、今まで封印していたのは、

『制御不能のカリスマとして変貌した内藤哲也と、これまでのスターダストジーニアスの内藤哲也は何も変わらず、ずっと共存してる』

とアピールするためだったのかな?
なんて思ったり。
語彙力がないのでかっこいい言葉は使えませんが。
えぇ、最近ファンになった私が相当感動したのだから、昔から応援してるファンは感動もひとしおでしょう。


権利書戦は勝つ仕様でしょう。
むしろ負けたら、あの感動を返せ!って話になりますしね。
先の話になりますが、東京ドームメインイベントに立つだけになりましたね。
これで、内藤さんの長かった夢のストーリーは一旦完結します。
せめて、最後の夢のストーリーは、現場にいたいと思います。

1.4は仕事だし、休めるか分からないようなグレー企業勤務なので、分かりませんが努力だけしたいと思います。


スターダストプレス解禁で、『LOS INGOBERNABLES de JAPON』以外の普通の文章ツイート、ファンサまで解禁したら笑うしかありませんけどね。

ファンの見方が変わるのも一瞬~某のぶおさんのお話~

YOSHI-HASHIスァン

PV動画でも『物事が変わるのは一瞬』をゴリ推ししていたので、ワクワクしながらその『物事が変わるのは一瞬』を楽しみにしていました。



え、結果??(・∀・)



それは公式サイトでご覧くださいね。




結果的に、物事が変わった印象はそれほどなく、私の見方が一瞬にして変わりました。



新参プオタの私が、


『この人は気軽に微笑ましい気持ちでなく、時に厳しく、時に優しい気持ちで応援しなきゃいけない人だったのか……』


と思わせてくれましたね。
新しい見方を教えてくれてありがとうございます。




8/11のAブロック公式戦が終わり、公式サイトの大会結果の文章量をみましたか?

簡単に行数で比べますね。



メイン(第10試合)棚橋vs内藤
13行
(決勝進出者決定戦だしわかる)

セミ(第9試合)飯伏vs後藤
ギリ10行(ほぼ9行)
(因縁あった2人だしわかる)

第8試合 石井vsZSJ
10行
(関節技がエグすぎて伝えたい文章増えるのわかる)

第7試合 真壁vsYOSHI-HASHI
7行
(*´-ω・)ン?


第6試合 永田vsファレ
9行
(ファレスァンの最後の一礼まで伝えたくなるわかる)


おわかりいただけただろうか。
たかが数行、されど数行。

たった2行の違いでも『第7試合の文章少なくない?』って感じてしまいました。


ヘビー・ジュニア両タッグベルトの前哨戦である、第4試合は8行です。
前哨戦に負けてます。
G1公式戦の文章量が。
まぁ、10人タッグだったので、伝える文章量は多くなるのはわかりますが。


私的には今日の第7試合は、人によってはしょっぱい試合だったかもしれませんが、なかなかYOSHI-HASHIスァンも食らいついていましたし、よかったのではないでしょうか?


ここから私の考察もどき。

多分、YOSHI-HASHIスァンは、良くも悪くも嘘がつけないタイプなのかも知れません。
自分が負ける(と決められた)試合で、上手いタイミングで攻撃を畳み掛けて、相手のファンを『負けるかも!?』や、自分のファンに『勝てるかも!?』と思わせるような猛攻の仕方があまり上手くないような………?
そんな気がしてしまいました。
バタフライロックはよかったですよ!

(新参オタクの当てずっぽう推理)


実際、『ここで畳みかければ…!』

と思うシーンがありましたが、次の技に移行する間にモタモタしてる印象がありました。



あ、もう、大人気コンテンツ、ヨシハシカメラとかやってる場合じゃないってばよ……。
ヤングライオン相手にバタフライロックをかけてギブアップさせてる試合の方が、生き生きとしていたような?そんな気がしています。


少しでも上に上がってほしい。
タイトルをとってほしい。
YOSHI-HASHIスァンは静かに、時に厳しく時に優しく、これからも見守っていきたいと思います。

たーだーし、
見守るような年齢とキャリアじゃないですがね。(苦笑)



G1中に思ったことあったので、優勝が決まったらまた感想とかと一緒に書きます。


そして内藤さん、
決勝進出おめでとうございます。

やべぇ…じゃないよ!やるんだよ!!YOSHI-HASHI!!!!

レスラーは相手との闘いであり、自分との闘いでもあると思います。


試合中、思わず声だってもれるでしょう。


もれた言葉が、



『やべぇ』




見ればわかる。

確かに状況はヤバい。かなりヤバかった。

分かるけど、この大YOSHI-HASHIコールが響く会場。

コールは同情かもしれないし、本気で勝利を願ってるのかもしれない。

闘ってる本人からネガティブな言葉なんて、応援してる人にとっては残念な気持ちになるよ。

応援してる人はあなたの勝利を願ってるし、望んでる。

ワールドでみてて少しばかり残念な気持ちになりました。


『物事が変わるのは一瞬』


をひっそり期待してたのになぁ……。




私はG1の勝ち負けより、YOSHI-HASHIさんの立場が危うくならないことを祈ってますね。

7.22ダリルショック

スタイリッシュヒールだなんてそんなこと言ってしまってすみませんでした。

リアルタイムで配信を見ていましたが、思わず悲鳴が出てしまいました。

時間が経って、ファレの煽りといい、動画といい、ケニーの煽りといい、まさにヒールのそれでした。


バレットクラブはしっかりヒールでした。


G1公式戦が頭に入らなかったけど(笑)

町田の巡業がどんな風になるのか怖さ半分、楽しみ半分……という感じです。


ダリルという鎖がなくなって自由になった訳なので、これはそろそろベルト戦線に復帰の合図なんでしょうか?

ジュニアのベルト戦線といえば、デスぺさんの挑戦表明したのになにも音沙汰ないのが疑問ですね~。
勝手な予想で9月の複数のビックマッチがありますね。
そこであるんじゃないか!?と思っております。
福島だと嬉しいなぁ……。ナンテネ

独断と偏見によるアガる入場曲5曲選抜

今回の独断と偏見ランキング作成にあたっての断り書き


レスラー全員の入場曲を聴くことは難しいと判断したため、2017年度のBOSJとG1の1分PVを利用して、選抜します。
1分でもっと聴きたい!と思う曲は完全に好きなタイプの曲だと思うので。


あくまでも当ブログの筆者の感性によって選ばれます。反論異論は認めません。だって題名にちゃんと『独断と偏見による』って書いてますもん。
音楽の学術的なことに言及してません。曲の雰囲気、選手の雰囲気、会場で聴いた時の印象や妄想(苦笑)だけで選抜してます。


以上を注意してお楽しみ?下さい。





第2回独断と偏見ランキングの開催です!


ええ声レスラー選抜も楽しいのですが、今回は数年間のつんく♂曲によって調教され、つんく♂氏が作曲したインストが大好きなハロヲタ的部分をだすしかないな…!というテンションで、入場曲選抜ランキングをしたいと思います。
G1も始まるし、私みたいな初心者が楽しむ1つのキッカケになるといいですしね。

単純に好きだなと思う曲を選抜したら、14曲になりました。(笑)
ここからベスト5を絞るのが難しかったです。(笑)

ベスト5を書く前に、惜しくも順位を付けなかった好きな入場曲と簡単な好きなところだけ書かせて下さい。

〇タマ・トンガ
(妖しい雰囲気で初見から耳から離れませんでした)

〇マーティー・スカル
(怪鳥の鳴き声みたいな音といい妖しさ満点!頭から離れない曲その2)

〇ケニー・オメガ
ゲーム音楽っぽい曲調でさすがゲーマー!)

〇EVIL
(ドラムの音と不穏な空気が好き)

TAKAみちのく
(和風音楽と『TAKA is COMING』に全てを持っていかれる)

鈴木みのる
(歌詞はもちろんいいですし、『風になれ!』の観客の絶叫も好き)

〇KUSHIDA
(出だしのドラムがくせになって好き)

小島聡
(打ち込みで作ってる感じがするけどそこが逆に好き)


以上が、悩みに悩んで順位を付けなかった好きな入場曲です。

では、第5位から発表します!


第5位
バッドラック・ファレ THE UNDER BOSS
youtu.be

話題にしてたのが今まで内藤哲也とかLIJとかCHAOSとかだったから意外って声が聴こえてきそうですが、入場曲は実は好きな部類に入ります。
出だしの『The under Boss』とメロで一気に心を掴まれました。
案外いい曲を使っているので、もっともっと魅せる試合が増えるといいなぁ…って思います。
ファレさんの試合は、個人的には体格がいいのでパワー系の技は見栄えがしますけど、魅せる試合かと言われたら疑問が浮かびます。
なので入場曲がいっぱい聞きたいので、ぜひ魅せる試合にこだわって欲しいです。もっと人気になれ~~!






続いて、第4位の発表です。






第4位
エル・デスペラード オリジナル曲
youtu.be

鈴木軍で実は一番好きな選手でもあります。
ジュニアの選手ですが、1番キレイな身体のラインですし筋肉ですし。(そこかよw)
曲の名前がなく、オリジナル曲っていうのがいいですね!
悩んだ末、オリジナル曲って書きましたが(笑)
まず、デスペさんの設定 出自的に、民族音楽っぽい感じが最高ですね。
民族音楽というか、フラメンコでいいんですかね?
内に秘めた野望的な情熱的な感じがフラメンコに乗ってていいです!すごく好き!!
会社は早急にジュニアのタイトルマッチ、認めてあげて~~!


そして、第3位!






第3位
後藤洋央紀 覇道
youtu.be

前々から『コーラスのせいか、進撃の巨人みのある曲だな』と思ってました。
進撃の洋央紀ってか!?(笑)
コーラスが宗教曲っぽいのに、メロディはロック……というギャップが最高です。
まさに、見た目と中身のギャップがある、後藤さんにお似合いだと思います。
入場コスチューム、曲ともに雰囲気が『混沌の荒武者』の異名に
ふさわしいと思います。
めっちゃご本人はユルユルだけど。
ユニット的にはもっとしまって欲しいけど、後藤さんはしまっちゃいけない。
ギャップとユルさも大事。



続いて、第2位の発表です。










第2位
髙橋ヒロム TIME BOMB
youtu.be

テンションが上がる!⤴⤴⤴
曲にノレる!⤴⤴⤴
といったら、会場で聴くという面も含めて、ヒロムくんのTIME BOMBだろうな、と。
メロディに入る前の秒針の音から、ワクワク感が上がっていくなぁ…と思います。まさにTicking TIME BOMB。
会場のボルテージもまさに時限爆弾のように爆発しますしね。
試合も期待を裏切りませんし、いいなぁ、好きだなぁ……と思って聞いています。









ラスト、第1位の発表です。










第1位
田口隆祐 MASTER OF DROPKICK
youtu.be

出だしのパーカッションを聴くと手拍子したくなりますし、ワクワク感がグンと上がります。
堂々の第1位です。
ユニット抗争の時、序列や推され感的には棚橋さんが段違いに上だからラブエナ流れるのは百も承知なのですが、監督の曲の方がなにかしてくれるんじゃないか!?という期待感がでるよなぁ…ってひっそりと思っています。
今の田口さんのキャラクターと試合スタイルなら、入場曲とあっていることが1位に選抜した理由かもしれませんね。

真面目だった時を知っていたら、なんでこれなの?って疑問に思ってしまいそうですけど…。(笑)






1位と2位は最後まで悩みました。
ノレる、楽しいって感じるのは、監督かな?と言うことで、監督が1位です。









ランク外殿堂入り(笑)
内藤哲也 STAR DUST
youtu.be

いや、これは、ランキングから外さないとなと思いましたよ。
だって不動の1位なんですもん。
だってたまに延々とリピートしてるんですもん。
アップテンポでのれる上、今の内藤さんにあっていることがポイントです。
今でこそあの入場ですが、さんざん焦らして焦らして『内藤コール』が出てきて、そして入場するのがかっこよすぎます。(完全に推し贔屓で曲の評価ではない)
歌やセリフ?入りと言うわけではないけど、最後まで聴きたくなるそんな曲です。



案外長くなりました。
お付き合いありがとうございます。
ぜひ気になった曲があればいいな~って思います。

私の曲の好みは『ドラムやパーカッション、ベースの効いた曲』、『曲調が怪しい雰囲気』 が好きなことがわかりました。

G1の私の妄想(推しの贔屓目は許して欲しい)(7/17、7/21に追記あり)

7/17北海きたえーるから真夏の祭典であるG1が開催されますね。
えぇ、もう少しですよね、楽しみですね。


内藤さんと飯伏さんの対戦ということで、思い入れのある方は待ち望んだ対戦ではないでしょうか!
新参者(私)は、リアルタイムで2人の対戦を見れることが普通に楽しみです。



G1に関して私の妄想妄言を書かせてくださいね。

推しをとにかく贔屓する、推しのG1優勝ストーリー

個人的にIC王座からも離れたし、内藤さんがG1優勝すると勝手に考えてます。
ベルト破壊行為(笑)を頑張ってくれたし、会社からの御褒美ですね、えぇ。(笑)

そして、内藤vs飯伏の対戦は、過去の映像からみても、すごい試合(危険と紙一重という意味でも)になるという確信しかありません。
激闘の末、内藤さんは惜敗で、権利書争奪戦で再戦とか面白いな〜って思います。
(飯伏さん、虎のWの方の覆面レスラーにアドバイスしたとかインタビューとかで色々発言してましたけど、中の人の頑張りを会社が認めてくれてたら……の話ですけどね)

あともう1人位にも負けて、権利書争奪戦するのかな〜って妄想してます。
もう1人は、勝手にYOSHI-HASHIさんかな?なんて思ってます。

格下すぎるという反論が聴こえてきそうだ。
YOSHI-HASHIさんは格下じゃなくて、あくまでも番狂わせのダークホース枠だと思います。
番狂わせがないと面白くないし。

でもさ!1分PVのYOSHI-HASHIさん動画の編集は酷すぎる。
可愛いけど、悪意しか感じない!!
動画のYOSHI-HASHIさんは、かっこいいを提供してほしかった。
可愛いYOSHI-HASHIさんはいつでも見れるから。


話はそれました。
そして、内藤さんの念願だった、東京ドームのメインに立ってくれるんです。
そして、ベルトを巻くのではなく高く高く投げ飛ばすんですね。

IWGPのタイトル戴冠まで考えてるとか、本当にトランキーロですね。(笑)
でも勝手な妄想を既定路線と思いながら見てた方が、色んなことに驚かなくてもいいのかな…なんて思ってます。(笑)

素朴な疑問、権利書争奪戦

優勝者の権利書争奪戦?って言うんですか?
あれの意味がよくわからんのです。
争奪戦をして、1.4東京ドームに向けて盛り上げるためなのは薄々気づいてます。
争奪する意味の理解が追いついていません。
星を取り返す、五分にするって意味も含まれてるんでしょうか?
やっぱり意味がよくわかってません(笑)
ちょっと、勉強不足なので、権利書関係のことは少々のお勉強を頑張ります。


最後になりましたが…

最近はかなり暑くなってきたし、選手はもちろんの事、この末端ブログに訪れた方もぜひ熱中症など体調管理には充分気をつけて、楽しい観戦にしてくださいね~!

G1は在宅観戦民ののんかより(笑)



7/17 追記
内藤さん勝利で私の妄想ストーリーが無くなりました。
飯伏さんに負けるとか書いて本当にすみませんでした!(土下寝&スタンピング待ち)


7/21 再追記
内藤さん勝利で完全に私のストーリーが無くなりました。
全勝で決勝進出か、負けるとしたら一体誰に負けるのか……。
あ、もう、こんなに勝ってたら、いつ負けるのか、負けないのかとか気になって震えます。
ケガなくG1を終えてほしいと願うばかりです。

よくよく考えてみた話

(※CHAOSファンは気分が悪くなる話なので、最初に謝ります。制御不能に書いてます。すみません。)


よくよくKIZUNA ROADのこと考えたんですよ。



CHAOSの推されなさのこと。


KIZUNA ROADの序盤(6/20)に6人タッグマッチを組まれた、タグチジャパンとLIJ。
地方2大会をメインで前哨戦を組まれるのは凄く分かります。

どちらのユニットも人気ですし。
『これからタイトルマッチなんだな』
って感じがビンビンしますし。


東北3連戦。
なのに蓋を開けてみたら、3大会中2大会がタグチジャパンとLIJのタッグマッチがメイン。


( ºωº )???



よく考えたら、6/26に無差別級のタイトルマッチ組まれてますよね?

なんで3大会中2大会のメインが、タイトルマッチに関係の無いタグチジャパンとLIJなんでしょうか??


べ、べつに、盛岡大会がセミだった恨みじゃないですよ!!(滝汗)
YOSHI-HASHIさんの裏返った声の『エルボー!』がくっそかわいかったからべつにいいんですよ!!(声を大にして)


本音を書くと、期待されてなかったとか考えちゃいそうなんですけど。


でもよく考えてみると、BUSHIさんが6/27のタイトルマッチ組まれてました。
KUSHIDAさんがいなくても、所属ユニットとしてタグチジャパン全体での代理抗争があの2大会だったのかもしれないですよね。


あー、これかー。
書きながら納得ー。(笑)


にしても、CHAOSとして推されてるわけではなく、会社は驚くほど本当にオカダさんだけ推してるんですね。

CHAOSというユニットの立ち位置が、改めてよく分からなくなりました。
DVDとヨシハシカメラのためのユニット?って思っちゃう。
そんなことを思ってしまって、CHAOSファンには大変申し訳なく思ってしまいます。


CHAOSのメンバー1人1人は素敵で魅力的なんですけど、試合になるとなぜか魅力が半減してしまう。
ユニットとしてもう1回キラキラ輝いてほしい、そんなことを考えました。

とりあえず書きたいことだけ書いた

おそ松さんの十四松祭りの話の中の十四松のように


『負けたんだよ、負けた↓負けた↑負けた~↓😂😂😂』

っていう感じでUS王座を観ていた私。
個人的に勝たせなそうと思って観ていたので、想像通りっといえば想像通りで思わずこんなこと思ってしまいました。
(※ファンとは思えない発言失礼します)


流石にごみ箱に捨てさせなかったですね〜。(笑)





それより今回気になったのは、ICベルトが新調されたこと。

棚橋さんのベルト復活感動ストーリーを無に返してて、ベルトを自力復活が謎なパフォーマンスに終わりましたね!

超オクパードな棚橋さんに時間返してあげてください。(笑)

アメリカのお客様も自力復活させたベルト見たかったんじゃ?とか思わなくはない。

新調されたベルトに金色使われてますけど、金色を使う価値を全く感じないんですけど。
棚橋さんイメージでの金だろうとは思いますが、(棚橋さんを悪くいうつもりは毛頭ないんですけど)いつかの内藤さんがいったICベルトの価値が小銭以下って言葉がよく似合いますね。

金をかけるのがいい訳では無いんだぞ!!って思います。

でも自力復活がベルトに裏目に出てたらそれはそれで新調しなきゃいけなくなるから仕方ないですけどね。

とりあえず注釈でもいいから会社は説明した方がいいですよ!




こういうのも含めてプロレスなんですね!
分かりました!ありがとうございます!勉強になります!!!!


_(-ω-`_)⌒)_ベンキョウニナリマス(土下寝



チームライブの物販を始めとした運営の氷帝贔屓に嫌気がさし(※私は原作では氷帝大好きマンです)、テニミュに対して気持ちが降りかけてる時にプロレスに出会いハマった人間としては、


ここでもかぁぁぁぁぁ!!!!


という気持ちです。


破壊行為なんて会社推奨ですか、えぇ。
IC王座に注目させるための推奨行為ですか。
そして「そろそろIWGPヘビー戦線に復帰させるか」的な感じなんですか?


プロレスの洗礼は怖いですねー。
そうか運営会社の意図までも読んで想像しなきゃいけないのか、と思いました。

にしても、内藤さんがサラリーマンになったら、サラリーマンでもいいポジション貰えそうですね(笑)




もう楽しくええ声レスラー探しでもしてた方が楽しそうですね。
それと鈴木軍Jr勢のTwitterでのやり取りとか、ヒロムくんのTwitterの使い方の上手さとか楽しみにしてた方が楽しいですね。