オタクの独り言

若手俳優・ハロプロ・2次元(うたプリ)が好きな成人済のオタクが最近はプロレスのことを殴り書きするブログ

7.22ダリルショック

スタイリッシュヒールだなんてそんなこと言ってしまってすみませんでした。

リアルタイムで配信を見ていましたが、思わず悲鳴が出てしまいました。

時間が経って、ファレの煽りといい、動画といい、ケニーの煽りといい、まさにヒールのそれでした。


バレットクラブはしっかりヒールでした。


G1公式戦が頭に入らなかったけど(笑)

町田の巡業がどんな風になるのか怖さ半分、楽しみ半分……という感じです。


ダリルという鎖がなくなって自由になった訳なので、これはそろそろベルト戦線に復帰の合図なんでしょうか?

ジュニアのベルト戦線といえば、デスぺさんの挑戦表明したのになにも音沙汰ないのが疑問ですね~。
勝手な予想で9月の複数のビックマッチがありますね。
そこであるんじゃないか!?と思っております。
福島だと嬉しいなぁ……。ナンテネ

独断と偏見によるアガる入場曲5曲選抜

今回の独断と偏見ランキング作成にあたっての断り書き


レスラー全員の入場曲を聴くことは難しいと判断したため、2017年度のBOSJとG1の1分PVを利用して、選抜します。
1分でもっと聴きたい!と思う曲は完全に好きなタイプの曲だと思うので。


あくまでも当ブログの筆者の感性によって選ばれます。反論異論は認めません。だって題名にちゃんと『独断と偏見による』って書いてますもん。
音楽の学術的なことに言及してません。曲の雰囲気、選手の雰囲気、会場で聴いた時の印象や妄想(苦笑)だけで選抜してます。


以上を注意してお楽しみ?下さい。





第2回独断と偏見ランキングの開催です!


ええ声レスラー選抜も楽しいのですが、今回は数年間のつんく♂曲によって調教され、つんく♂氏が作曲したインストが大好きなハロヲタ的部分をだすしかないな…!というテンションで、入場曲選抜ランキングをしたいと思います。
G1も始まるし、私みたいな初心者が楽しむ1つのキッカケになるといいですしね。

単純に好きだなと思う曲を選抜したら、14曲になりました。(笑)
ここからベスト5を絞るのが難しかったです。(笑)

ベスト5を書く前に、惜しくも順位を付けなかった好きな入場曲と簡単な好きなところだけ書かせて下さい。

〇タマ・トンガ
(妖しい雰囲気で初見から耳から離れませんでした)

〇マーティー・スカル
(怪鳥の鳴き声みたいな音といい妖しさ満点!頭から離れない曲その2)

〇ケニー・オメガ
ゲーム音楽っぽい曲調でさすがゲーマー!)

〇EVIL
(ドラムの音と不穏な空気が好き)

TAKAみちのく
(和風音楽と『TAKA is COMING』に全てを持っていかれる)

鈴木みのる
(歌詞はもちろんいいですし、『風になれ!』の観客の絶叫も好き)

〇KUSHIDA
(出だしのドラムがくせになって好き)

小島聡
(打ち込みで作ってる感じがするけどそこが逆に好き)


以上が、悩みに悩んで順位を付けなかった好きな入場曲です。

では、第5位から発表します!


第5位
バッドラック・ファレ THE UNDER BOSS
youtu.be

話題にしてたのが今まで内藤哲也とかLIJとかCHAOSとかだったから意外って声が聴こえてきそうですが、入場曲は実は好きな部類に入ります。
出だしの『The under Boss』とメロで一気に心を掴まれました。
案外いい曲を使っているので、もっともっと魅せる試合が増えるといいなぁ…って思います。
ファレさんの試合は、個人的には体格がいいのでパワー系の技は見栄えがしますけど、魅せる試合かと言われたら疑問が浮かびます。
なので入場曲がいっぱい聞きたいので、ぜひ魅せる試合にこだわって欲しいです。もっと人気になれ~~!






続いて、第4位の発表です。






第4位
エル・デスペラード オリジナル曲
youtu.be

鈴木軍で実は一番好きな選手でもあります。
ジュニアの選手ですが、1番キレイな身体のラインですし筋肉ですし。(そこかよw)
曲の名前がなく、オリジナル曲っていうのがいいですね!
悩んだ末、オリジナル曲って書きましたが(笑)
まず、デスペさんの設定 出自的に、民族音楽っぽい感じが最高ですね。
民族音楽というか、フラメンコでいいんですかね?
内に秘めた野望的な情熱的な感じがフラメンコに乗ってていいです!すごく好き!!
会社は早急にジュニアのタイトルマッチ、認めてあげて~~!


そして、第3位!






第3位
後藤洋央紀 覇道
youtu.be

前々から『コーラスのせいか、進撃の巨人みのある曲だな』と思ってました。
進撃の洋央紀ってか!?(笑)
コーラスが宗教曲っぽいのに、メロディはロック……というギャップが最高です。
まさに、見た目と中身のギャップがある、後藤さんにお似合いだと思います。
入場コスチューム、曲ともに雰囲気が『混沌の荒武者』の異名に
ふさわしいと思います。
めっちゃご本人はユルユルだけど。
ユニット的にはもっとしまって欲しいけど、後藤さんはしまっちゃいけない。
ギャップとユルさも大事。



続いて、第2位の発表です。










第2位
髙橋ヒロム TIME BOMB
youtu.be

テンションが上がる!⤴⤴⤴
曲にノレる!⤴⤴⤴
といったら、会場で聴くという面も含めて、ヒロムくんのTIME BOMBだろうな、と。
メロディに入る前の秒針の音から、ワクワク感が上がっていくなぁ…と思います。まさにTicking TIME BOMB。
会場のボルテージもまさに時限爆弾のように爆発しますしね。
試合も期待を裏切りませんし、いいなぁ、好きだなぁ……と思って聞いています。









ラスト、第1位の発表です。










第1位
田口隆祐 MASTER OF DROPKICK
youtu.be

出だしのパーカッションを聴くと手拍子したくなりますし、ワクワク感がグンと上がります。
堂々の第1位です。
ユニット抗争の時、序列や推され感的には棚橋さんが段違いに上だからラブエナ流れるのは百も承知なのですが、監督の曲の方がなにかしてくれるんじゃないか!?という期待感がでるよなぁ…ってひっそりと思っています。
今の田口さんのキャラクターと試合スタイルなら、入場曲とあっていることが1位に選抜した理由かもしれませんね。

真面目だった時を知っていたら、なんでこれなの?って疑問に思ってしまいそうですけど…。(笑)






1位と2位は最後まで悩みました。
ノレる、楽しいって感じるのは、監督かな?と言うことで、監督が1位です。









ランク外殿堂入り(笑)
内藤哲也 STAR DUST
youtu.be

いや、これは、ランキングから外さないとなと思いましたよ。
だって不動の1位なんですもん。
だってたまに延々とリピートしてるんですもん。
アップテンポでのれる上、今の内藤さんにあっていることがポイントです。
今でこそあの入場ですが、さんざん焦らして焦らして『内藤コール』が出てきて、そして入場するのがかっこよすぎます。(完全に推し贔屓で曲の評価ではない)
歌やセリフ?入りと言うわけではないけど、最後まで聴きたくなるそんな曲です。



案外長くなりました。
お付き合いありがとうございます。
ぜひ気になった曲があればいいな~って思います。

私の曲の好みは『ドラムやパーカッション、ベースの効いた曲』、『曲調が怪しい雰囲気』 が好きなことがわかりました。

G1の私の妄想(推しの贔屓目は許して欲しい)(7/17、7/21に追記あり)

7/17北海きたえーるから真夏の祭典であるG1が開催されますね。
えぇ、もう少しですよね、楽しみですね。


内藤さんと飯伏さんの対戦ということで、思い入れのある方は待ち望んだ対戦ではないでしょうか!
新参者(私)は、リアルタイムで2人の対戦を見れることが普通に楽しみです。



G1に関して私の妄想妄言を書かせてくださいね。

推しをとにかく贔屓する、推しのG1優勝ストーリー

個人的にIC王座からも離れたし、内藤さんがG1優勝すると勝手に考えてます。
ベルト破壊行為(笑)を頑張ってくれたし、会社からの御褒美ですね、えぇ。(笑)

そして、内藤vs飯伏の対戦は、過去の映像からみても、すごい試合(危険と紙一重という意味でも)になるという確信しかありません。
激闘の末、内藤さんは惜敗で、権利書争奪戦で再戦とか面白いな〜って思います。
(飯伏さん、虎のWの方の覆面レスラーにアドバイスしたとかインタビューとかで色々発言してましたけど、中の人の頑張りを会社が認めてくれてたら……の話ですけどね)

あともう1人位にも負けて、権利書争奪戦するのかな〜って妄想してます。
もう1人は、勝手にYOSHI-HASHIさんかな?なんて思ってます。

格下すぎるという反論が聴こえてきそうだ。
YOSHI-HASHIさんは格下じゃなくて、あくまでも番狂わせのダークホース枠だと思います。
番狂わせがないと面白くないし。

でもさ!1分PVのYOSHI-HASHIさん動画の編集は酷すぎる。
可愛いけど、悪意しか感じない!!
動画のYOSHI-HASHIさんは、かっこいいを提供してほしかった。
可愛いYOSHI-HASHIさんはいつでも見れるから。


話はそれました。
そして、内藤さんの念願だった、東京ドームのメインに立ってくれるんです。
そして、ベルトを巻くのではなく高く高く投げ飛ばすんですね。

IWGPのタイトル戴冠まで考えてるとか、本当にトランキーロですね。(笑)
でも勝手な妄想を既定路線と思いながら見てた方が、色んなことに驚かなくてもいいのかな…なんて思ってます。(笑)

素朴な疑問、権利書争奪戦

優勝者の権利書争奪戦?って言うんですか?
あれの意味がよくわからんのです。
争奪戦をして、1.4東京ドームに向けて盛り上げるためなのは薄々気づいてます。
争奪する意味の理解が追いついていません。
星を取り返す、五分にするって意味も含まれてるんでしょうか?
やっぱり意味がよくわかってません(笑)
ちょっと、勉強不足なので、権利書関係のことは少々のお勉強を頑張ります。


最後になりましたが…

最近はかなり暑くなってきたし、選手はもちろんの事、この末端ブログに訪れた方もぜひ熱中症など体調管理には充分気をつけて、楽しい観戦にしてくださいね~!

G1は在宅観戦民ののんかより(笑)



7/17 追記
内藤さん勝利で私の妄想ストーリーが無くなりました。
飯伏さんに負けるとか書いて本当にすみませんでした!(土下寝&スタンピング待ち)


7/21 再追記
内藤さん勝利で完全に私のストーリーが無くなりました。
全勝で決勝進出か、負けるとしたら一体誰に負けるのか……。
あ、もう、こんなに勝ってたら、いつ負けるのか、負けないのかとか気になって震えます。
ケガなくG1を終えてほしいと願うばかりです。

よくよく考えてみた話

(※CHAOSファンは気分が悪くなる話なので、最初に謝ります。制御不能に書いてます。すみません。)


よくよくKIZUNA ROADのこと考えたんですよ。



CHAOSの推されなさのこと。


KIZUNA ROADの序盤(6/20)に6人タッグマッチを組まれた、タグチジャパンとLIJ。
地方2大会をメインで前哨戦を組まれるのは凄く分かります。

どちらのユニットも人気ですし。
『これからタイトルマッチなんだな』
って感じがビンビンしますし。


東北3連戦。
なのに蓋を開けてみたら、3大会中2大会がタグチジャパンとLIJのタッグマッチがメイン。


( ºωº )???



よく考えたら、6/26に無差別級のタイトルマッチ組まれてますよね?

なんで3大会中2大会のメインが、タイトルマッチに関係の無いタグチジャパンとLIJなんでしょうか??


べ、べつに、盛岡大会がセミだった恨みじゃないですよ!!(滝汗)
YOSHI-HASHIさんの裏返った声の『エルボー!』がくっそかわいかったからべつにいいんですよ!!(声を大にして)


本音を書くと、期待されてなかったとか考えちゃいそうなんですけど。


でもよく考えてみると、BUSHIさんが6/27のタイトルマッチ組まれてました。
KUSHIDAさんがいなくても、所属ユニットとしてタグチジャパン全体での代理抗争があの2大会だったのかもしれないですよね。


あー、これかー。
書きながら納得ー。(笑)


にしても、CHAOSとして推されてるわけではなく、会社は驚くほど本当にオカダさんだけ推してるんですね。

CHAOSというユニットの立ち位置が、改めてよく分からなくなりました。
DVDとヨシハシカメラのためのユニット?って思っちゃう。
そんなことを思ってしまって、CHAOSファンには大変申し訳なく思ってしまいます。


CHAOSのメンバー1人1人は素敵で魅力的なんですけど、試合になるとなぜか魅力が半減してしまう。
ユニットとしてもう1回キラキラ輝いてほしい、そんなことを考えました。

とりあえず書きたいことだけ書いた

おそ松さんの十四松祭りの話の中の十四松のように


『負けたんだよ、負けた↓負けた↑負けた~↓😂😂😂』

っていう感じでUS王座を観ていた私。
個人的に勝たせなそうと思って観ていたので、想像通りっといえば想像通りで思わずこんなこと思ってしまいました。
(※ファンとは思えない発言失礼します)


流石にごみ箱に捨てさせなかったですね〜。(笑)





それより今回気になったのは、ICベルトが新調されたこと。

棚橋さんのベルト復活感動ストーリーを無に返してて、ベルトを自力復活が謎なパフォーマンスに終わりましたね!

超オクパードな棚橋さんに時間返してあげてください。(笑)

アメリカのお客様も自力復活させたベルト見たかったんじゃ?とか思わなくはない。

新調されたベルトに金色使われてますけど、金色を使う価値を全く感じないんですけど。
棚橋さんイメージでの金だろうとは思いますが、(棚橋さんを悪くいうつもりは毛頭ないんですけど)いつかの内藤さんがいったICベルトの価値が小銭以下って言葉がよく似合いますね。

金をかけるのがいい訳では無いんだぞ!!って思います。

でも自力復活がベルトに裏目に出てたらそれはそれで新調しなきゃいけなくなるから仕方ないですけどね。

とりあえず注釈でもいいから会社は説明した方がいいですよ!




こういうのも含めてプロレスなんですね!
分かりました!ありがとうございます!勉強になります!!!!


_(-ω-`_)⌒)_ベンキョウニナリマス(土下寝



チームライブの物販を始めとした運営の氷帝贔屓に嫌気がさし(※私は原作では氷帝大好きマンです)、テニミュに対して気持ちが降りかけてる時にプロレスに出会いハマった人間としては、


ここでもかぁぁぁぁぁ!!!!


という気持ちです。


破壊行為なんて会社推奨ですか、えぇ。
IC王座に注目させるための推奨行為ですか。
そして「そろそろIWGPヘビー戦線に復帰させるか」的な感じなんですか?


プロレスの洗礼は怖いですねー。
そうか運営会社の意図までも読んで想像しなきゃいけないのか、と思いました。

にしても、内藤さんがサラリーマンになったら、サラリーマンでもいいポジション貰えそうですね(笑)




もう楽しくええ声レスラー探しでもしてた方が楽しそうですね。
それと鈴木軍Jr勢のTwitterでのやり取りとか、ヒロムくんのTwitterの使い方の上手さとか楽しみにしてた方が楽しいですね。

プオタ初心者による、プロレス初観戦体験記

6/24KIZUNA ROAD盛岡大会にてプロレス初観戦してきました。



初観戦ということで、人の畑を踏みあらすことだけは避けたい…!との思いがありました。
プロレスにハマった当初から、内藤さんと本間さんの3年前の観戦ルール動画を観まくっていたので、ルールは頭の中に入ってるから大丈夫でしょ!と思ってました。

youtu.be

制御不能なカリスマっぷりは微塵も感じませんね〜。
めっちゃかわいいです。


デジカメ持っていきましたが、座席の列数的にあまり撮れないだろうなと、期待はしてませんでした。
こちらのツイートの画像のアリーナの右下あたりにひっそり私が写りこんでおります。(笑)

画像で見ると遠そうですが、体感的には思ってるより近かったです。

ちなみに、座席に関してはどこがいいとかまったくよく分からなかったので、

選手や試合がよく見える<リングの近さ

で選びました。
2階席の前列でも端っこになるなら、リングに近いところがいいと思ったので。

後述するんですが、座席が変わることになります。


試合が始まる前、すごくワクワクしますね。

ヤングライオンの北村選手の肉体が凄すぎてビックリしました。
北村系女子が現れるのわかる!
アレだけにお金払えますね!(笑)
こんな目の保養が、あと6試合もあるのか…!と思い大興奮でした。

人の頭が邪魔だったのであまり写真は撮れませんでしたが、休憩明けの第4試合から撮りました。

私のTwitterのアカウント載せときます。
(今更ですが、ブログのアイコンのような落書きしたり、何も考えてないアホなことしか呟いてませんが、フォローしてくれると嬉しいです。)









青コーナーが良く見えたので、青コーナーの選手ばっかりでした。
でも、LIJのメンバー、後藤さんの写真撮れてとてもよかったんです……!


生で観戦すると印象が変わりますね。
YOSHI-HASHIさん、後藤さん、デスぺさん、タイチさん、ヤングライオンの八木くん、海野くんが、印象変わったり、すごく好きになりました。

でも、ワールドで見て聞いていたコールを叫んだり、応援で選手の名前叫んでたり、プロレス観戦って楽しい……。
プロレスって……、楽しいじゃん!!!!

そんなふうに感じました。
1人だったけどね。
隣がカップルで、興味なさげな彼女に彼氏が説明してるのをきいて、『うるせぇ!』って思ったけど、彼氏のいない私は彼らより負け組……、しかし彼女がとても楽しんでるとは思えなくて『彼氏、どんまいwww』と同情しました。
そして私は帰りました。

そんな私のプロレス初観戦記です。



とりあえず、周りに迷惑はかけてない……と信じたいです。

初観戦の方には、ぜひ新日のYouTubeの公式動画で観戦ルールを頭に叩き込んでから、観戦することをオススメします。
あと座席によってはスマホではなく、デジカメや一眼などのカメラを持参して選手を撮影すると、初観戦の思い出がより濃くなると思います。



座席が変わったとお話したんですが、会場の座席がパイプ椅子が繋がってるタイプだったので移動しました。
実際は端っこで、ツイートしてたんですが見え方はこんな感じでした。(撮影はスマホ

初観戦だったので、正直言うとガッカリした部分はありました。
写真撮れそうと思っていたし…。
でも、終わってみると最高に楽しかったし、交換した方達も楽しめてたようなので安心しました。
決して安くないチケット代を払って見に来たのに楽しめなかったら意味がありません。
チケット代は楽しい時間を買っているわけですし。

イレギュラーな初観戦でもありましたが、とても楽しい時間になりました。
今はG1での内藤さんのシングルが見たすぎて、遠征を検討しています。
身体が資本な競技ですし、よく考えたら内藤さんの場合は右ヒザに爆弾を抱えてますし、下手をしたらシングルの試合を生観戦できずに引退になったりして…、と考えすぎてしまって…。

7/4までに結論だしますけどね。(夜行バスの支払期限なので)
多分行くんだとは思いますw

遠征悩んでるのと同時に、次はなんのネタで書こうか、悶々と悩むことにします。

CHAOSって『一応』ヒールユニットですよね?

6/26、6/27のタイトルマッチも終わり、興行も一区切りになりましたね。
(一部選手はLA大会ありますけど。)


久しぶりのブログ、今日のお題は心の底から思ったことを書こうと思います。


『CHAOS』ってヒールユニットでしたよね?


6/24、KIZUNA ROADの地方巡業を盛岡大会で締めくくりました。

YOSHI-HASHI選手は、マイクパフォーマンスで『必ず奪取します』みたいなことを仰っていました。
YOSHI-HASHI選手の試合をまともに見たことがなかった私は、『よっしゃ、期待込めていっちょ応援するか!』と心に決め、6/26をワールド観戦しておりました。


(初観戦体験記は執筆中なので少々お待ちください)


いつものようにセコンド引き連れて入場する鈴木選手。
YOSHI-HASHI選手はオカダ選手のたった1人セコンド。


( 'ω')?


まてまてまてまてまて。
CHAOS、まって♡♡♡
オカダ選手は『セコンドつきます!』って宣言してたから分かる。で、他の人は??
大阪城ホールで後藤選手が、ランバージャックでセコンドからの攻撃をしこたまされたというのに、バカのひとつ覚えのように同じような展開にしたいのか?
あれ?CHAOSって本隊っぽくなってるけど、一応ユニットジャンルはヒールだよな??


なーんてことを思ってしまいました。



試合が始まって見ると、想像通りの展開です。
オカダ選手の睨みが効いた時はありましたが、1人で4人は少々無理がありましたよね。

『CHAOSの他のメンバー、この試合中出てこないのかよ!薄情者か!?』

なんて思ってしまいましたね。
結局来ましたけど。
大技くらいそうになった瞬間に乱入してきましたけど。
美味しいところかっさらって行きましたけど。

ワールド観戦でしたが、『おせぇよ!!』と大きめな声で呟いていました。

ランバージャック経験してたはずなのに、鈴木軍はセコンド攻撃も有り得ると分かっているのに……と思ってしまう自分がいます。

会社側がこうした方が美味しいと思ってやってるなら何も言わない。
選手は悪くない。
あやまる、ごめんなさい。


YOSHI-HASHI選手のバタフライロックで一時は戴冠も見えていましたが、鈴木選手の執念というかそういうものが色濃く出ていて素晴らしい防衛でした。
シングル戴冠が未だないということで、YOSHI-HASHI選手のベルトを巻いた姿を見てみたかっただけに、非常に残念でした。


まとめ

つまりは、
新参者的にはCHAOSの立ち位置が本当にわかりません!

というお話でした。


ぶっちゃけ、私の中での印象なんですが、

鈴木軍→現在の新日での完全なるヒールユニット。客にや媚びないことがむしろカッコよすぎる好き。

LIJ→制御不能行為でヒールにしかみえない。多分客に媚びることはないだろう。1番好き。

バレットクラブ→外国人がヒールってプロレスの典型だよね。LIJとはまた違うスタイリッシュヒール。(最近薄れてるらしいけど)

CHAOS→本隊に準ずるユニットすぎる。めっちゃ仲良しでいいね。へぇ~、ヒールだったんだ。ところで、ヒール感どこ?

以上が私の持つユニットの感想です。
(結局ヒールが好きな人間なので、ヒール贔屓してしまいます。)

ユニットの印象すら本隊と似たようなものになっている点は、差別化できなくて『このユニットは何の目的なんだろう?』という疑問を持ってしまいます。
まぁ、ヒールユニットばっかりっていうのにも、ちょっと思うところはありますけど……。

ヨシハシカメラやってる場合じゃないぞ~。
オカダ選手いるからって安心してる場合じゃないぞ~。
本隊との差別化は特に今のCHAOSには必須事項かもしれません。
わからない人は『CHAOSって本隊なの?』と思いますよ。


もしかしたら、客の知らないところでストーリーが決められてるのかもしれない。
もしかしたら、そういう所もひっくるめてこういうユニットなのかもしれない。
もしかしたら、私がプロレスにあまりにもガチな部分を求めすぎていたのかもしれない。(←現在の最有力説)

もしかしたら…がつきませんが、今は頭の中お花畑にして『うわぁ、けいおすだ~(棒読み)』としてるのが1番いいのかもしれません。


そんなふうに見たところで、『ユニットとしてどうなんだろう?』という疑問だけは、消えませんけどね。

ド変態オカマ再度降臨なるのか!?〜IC王座の二の舞だけは勘弁〜

下書き一掃しようとか、新しく記事書こうとか悶々と考えてたら、内藤選手のニュースでこんな話題提供してもらったよ!


やったー!ありがとう!!


headlines.yahoo.co.jp



黒歴史になったとしても徹底的に書き続ける気でいた、『ベルト破壊』について。
今度はUS王座だよ。
優勝したら投げる?捨てる?
こりゃ、ずっと言うしかないやつだー。
って思いました。
こんな宣言されたらたまったもんじゃないよ〜。

(ニュース見た時は一周まわって笑いしか出なかったですけど)



悪意しか感じない私の妄想です。

会社『王者になったレスラーが勝手に王座の色付けと理念作ってくれるんでしょ?ほぉれ、新しいベルトだよ~〜!みんなチャンプになりたくないのぉ〜?


って選手のこと釣ってる光景しか目に浮かばない!!

ある意味それに異を唱えることに関しては、誰にもできないことで素敵だし素晴らしいと思います。

でも、破壊だのといった物騒なことはやめて欲しいなぁ………。

あなたは会社が勝手に組んだだけのトーナメントで別に特別欲しいタイトルじゃなくても、他の人には特別に欲しいと思ってるタイトルなんじゃないですか?って。

本人はやるなら優勝を目指すとは言ってますが、私はいずれにせよ戴冠には至らないんじゃないかなぁ…って思います。
王座設立した会社側的な考えをしていて、折角の新しいベルトがIC王座のようになるのは、たまったもんじゃないだろうなって思ってしまうんですよ。


私は確かに内藤選手好きですし、応援してますけど、どうしてもベルトを粗末に扱う行為は好きにはなれません。
なので、心のどこかで負けてほしい思ってしまう自分がいます。

(こんなことココでは書いてても本人のTwitterやファンメールへ苦情の内容を書けないチキン野郎です)




話は変わりますが、棚橋選手がIC王座の明確な挑戦の条件など決める!みたいなお話されたようですね。
でも挑戦者は棚橋選手自身が決めるということでちょいとモヤっとする所がありますが……。

個人的には、ジュース選手みたいに、『IC王座に挑戦したい!』っていう若手にチャンスを与えて欲しいし、表明して欲しいし、表明したくなる王座にして欲しいなぁ……って思ってます。
だから、棚橋選手が選ぶのはいいのかな?悪いのかな?みたいな悩ましい感じがあります。


以前、こんな記事を書きました。

k3208.hatenablog.com

内藤選手の一連の破壊行為のおかげなのか(あまり支持できる行為ではありませんでしたが)、結果的に王者の意識が以前よりも高くなった気がしましたし、恩恵的な意味で更なるIC王座の地位向上に繋がったような気がします。

もしかしたら、IC王座は内藤選手が一時的にでも持つべきタイトルだったのかも知れませんね。


IC王座の動向は飽きるまで追いたいです。
あれだけ賑わせたんだもの。
追わないわけがない!(笑)
棚橋選手がどんな風にIC王座の地位を上げていくのか、本当に楽しみで期待してます!

IC王座とUS王座のことをなんとなく調べてみた件

よく分からないから、個人的にこういうこと?っていうのと、気づいてしまったことを書いていきますよ。
間違ってたら教えてください。

今回のテーマは、

  • ① 両王座を調べてもどこか腑に落ちない件
  • ② 勝手に解釈とか加えてみた件
  • ③ 新日ベルトのヘビー級ベルトと"アレ"の共通点を見つけちゃった件


以上の3本立てでお送りします。




① 両王座を調べてもどこか腑に落ちない件

インターコンチネンタル王座
引用元:IWGPインターコンチネンタル王座 - Wikipedia

IWGPインターコンチネンタル王座」の設立と、アメリカ興行での同初代王座決定戦開催を発表。アメリカを始めとする海外マットにおいての、IWGPヘビー級王座への登龍門というのが、設立に際しての位置付け

Wikipediaによると、US王座はG1 Special in USAの開催を期に設立……。
公となっている詳しい設立理念や位置づけの発表はまだって感じなんですかね?

海外選手がヘビー級挑戦への登竜門的位置づけなのが、インターコンチネンタル王座……。
じゃあ、US王座はG1 Special in USAを盛り上げるため"だけ"に設立したの??って思うわけです。



そりゃ内藤さんも破壊行為するわ!!



それでも私は破壊行為に支持はできないですけど。
どこまでもこの話題はひっぱるでぇ〜。(エセ関西弁)
例えそれが内藤さんの黒歴史となろうとも!




② 勝手に解釈とか加えてみた件

もうさ、IC王座は、

『日本で活躍したい!!』

という海外選手に基本的に日本で挑戦してもらえばいいんじゃないですか?
ベルトは、日本人選手と海外出身の選手で行ったり来たりすればいいと思いますよ。

実質、新日内でNo.2のベルトなんでしょうし、持つ人によっては発言権は認められないんでしょうし。


US王座は日本でもということではなく、アメリカ中心に海外のみでって決めた方が分かりやすいと思います。
今、海外でも新日は人気が出てきているのだから、アメリカの興行のメインとして鎮座してもいいのではないでしょうか?
そしてせっかくなら日本人は頻繁に絡まないほうがいいような気がします。
アメリカ遠征がある時、武者修行中の若手が挑戦するのは話題になるしいいと思います!

ほら、下手に某N藤さんの手に渡ったら、投げ捨て→足蹴→破壊という、どっかのベルトさんと似た行為をしだしちゃうだろうし…。
極めつけは、ベルトが喋りだしたと思ったら、とんだド変態が再来してしまうかもしれないし…。(笑)



③ 新日ベルトのヘビー級ベルトと"アレ"の共通点を見つけちゃった件

※これは私の予想、想像のお話※



"アレ"との共通点……。

それはズバリ『』です。
では現在あるヘビー級ベルトの色をあげてみましょう。


IWGP ヘビー級王座ベルト→
IWGP IC王座ベルト→
IWGP US王座ベルト→


なんとなく"アレ"が見えてきませんか?

中学生時代に厨二病を発症しブラックヒストリーをお持ちの方、現在(もなお)厨二病を発症してる方、気づきませんか?


ちなみに私は、この事に気づいてしまってから、もう1つヘビー級のベルトができる予感しかしません。
あくまでも予想のお話で、本当にできるかできないかはわかりません。仮に出来るとしたら、かなり先の話になると思いますけど。


先に結論を言いますと、仮に新しいヘビー級王座ができたら、ベルトの色はきっと青色のベルトが出来ると予想できますよ。





その根拠は……



中国の伝説上の方角を守る獣神の『色』と共通してるからです。

ではその獣神と方角と色とベルトの種類をあげてみました。



(北)→玄武(IWGPヘビー級)
(南)→朱雀(IWGP US王座)
(西)→白虎(IWGP IC王座)
青色(東)→青竜




当てはめてみると、もうひとつ新しいタイトルが設立されそうな予感がしませんか?

そして4つのタイトルが出来上がったあと、タイトル保持者のことをまとめて、闘魂三銃士ならぬ、新日四天王とか呼ばれそうな予感がします。


(四天王って全日あたりで使ってませんでしたっけ?まぁ、分からないしいいか……)


よくよく調べたら、IC王座の現ベルトって2代目でしたよね。
初代のベルトは、ベルト部分が黒で銅色のバックルだったんですね。
前王者の某N藤さんがボロボロにしてしまったので、3代目の新しいデザインになるのか、現行のデザインで作り直されるのかで、この想像のお話は意味をなさなくなることに書き終えて、手直ししてる最中に気づきました。
こ、これは、誰も気づいてない!?言わないだけ!?と思ったネタなのになぁ(┐「ε:)_三┌(.ω.)┐三_(:3 」∠)_
あと既出だったらスゴく恥ずかしい消したい。消します。

ベルト乱立、全選手タイトル保持の時代は近いのか、はたまた遠いのか!?
第15代IC王者の苦言は、実現してしまうのか!?

こればっかりは、ずっと見守り続けるしかないですね。
まさに、第15代IC王者の言葉が良く似合う、そんな展開です。


~追記~
中国の四神に関してはこちらのWikipediaからどうぞ。
四神 - Wikipedia

大阪城ホール大会から2夜明けての感想まとめ

2夜明け感想…。
昨日アップする予定だったんすけどね、寝落ちしました(๑>؂•̀๑)テヘペロ


メインに賛否両論がありますね。

1時間かけて引き分け……

お互いフラフラ……

身体は消耗品ではないですし、
今思うと一歩間違えたら危ないような……??


確かに凄かったですよ!
ずっとライガーさんバリに、

『スゲーーーーー!!』


って言ってました。

両選手とも、お疲れ様でした!(cv.オカダカズチカ選手)


私の中ではセミでの思考の処理がついていけてなくて、メインは見たり見なかったりだったんですけど…ね、すみません。

制御不能になりつつ取り急ぎ書いた記事はこち


セミはどちらかを応援するというより、

『ケガしなきゃいいな』
『さらに悪化しなきゃいいな』

ということを考えながらみてました。
他に考えたことは無いです。
無です。

トーリーに密度がでて良かったとは思います。
破壊行為は見ていてあまり気分のいいものではなかったので、棚橋さん勝利ということに関しては良かったとは思います。
今は、『よくよく考えると、あの試合は内藤さんが中途半端に負けた感じあるな?』なーんてこと考えてます。

棚橋さんまだまだやれるって思ったけど、本当に大丈夫?疲れてないとか言ってる場合じゃないよ?40はすぐガタがくるぞ?
ということも同時に考えています。

今の状態で、アメリカでのタイトルマッチ大丈夫なの?ねぇねぇ??👈͟͟͞͞= 👈͟͟͞͞ =( '-' 👈 )ツクツクツクツク

↑こんな感じです。


にしても、2夜明けて冷静になってみると、メインもセミも観てる人が選手のことを心配してたなぁ……なんて思いました。
ケガをしてしまうのは仕方ないし、責められないけど、セミにもメインにももう少し配慮しても良かったんじゃないかなぁ…。
メインに関しては、フルタイムの末の引き分けという展開。
一番感動したのは、バレットクラブの面々が現れた時はめちゃくちゃ感動しましたよ!




でもさ!


1.4を超える超えないとかじゃなく!


真っ先に選手の心配してしまうような試合展開は!


やめてくれ!!!!



(それが勝負ということ…と言われるとぐうの音も出ない)




でもたくさん考えてあーでもない、こーでもないって言ってる約1ヶ月位の時間がすごく楽しかったです!
これも一つの楽しみ方なんだなぁって思いました。
めちゃくちゃのめり込みました。
でも、新参者が悶々と色々考えたくなかったよ!!
新参者はただ『スゲーーーーー!!』って言っていたかったよ!!
好きに書いた記事の方がいいのはわかるけど、ぶっちゃけ考察記事書いてた時、新参者すぎてめちゃくちゃ気を使ったので!!


そういえば、US王座のトーナメント出ましたね!
内藤さん関連ではツッコミどころしかないんで、王座が始まるまでに記事にてツッコみたいです。


そしてそして、私の初観戦の大会の対戦カードも発表されてドキドキです。
(6/24の興行にひっそりと"ではぽん"推しとしてちょこんといます)

新参オタクが初観戦したこととか記事になりそうですね〜
ネタ仕入れておきます。(笑)


次回の記事は考察かな〜?アホ目線かな〜?舞台の話かな〜?
ま、あせらずまったり更新していきます。