オタクの独り言

若手俳優・ハロプロ・2次元(うたプリ)が好きな成人済のオタクが最近はプロレスのことを殴り書きするブログ

内藤哲也、IWGP ICベルト破損からみる今後の流れ〜追記

前回記事を投稿したところ、ランキングもなにも登録してないにも関わらず、多くのアクセスをいただきました。
内藤哲也に勝手に絡むとファンですら美味しいということが分かりました。
今年も神ってる男じゃないでしょうか?(笑)


今回は気になるコラムを読みまして、すごい素敵な文章と出会ったのでご紹介したいと思います。

Number webの記事です。
http://www..com/ http://number.bunshun.jp/articles/-/828110


ここの6.11大阪城ホールでの1戦の文

 6月11日、大阪城ホール

 もし運よく棚橋が、思い入れのあるこのインターコンチのベルトを手にしても、そのとき、ベルトは原形をとどめていないかもしれない。

 みじめなくらいみすぼらしくなったベルトの残骸を棚橋が涙を浮かべて抱きしめる光景を、内藤は密かに想像して、ほくそえんでいるのではないだろうか。

 いや、内藤は手負いの棚橋をKOして、マットに大の字になった棚橋のその腹の上に、ぼろクズ同然になったベルトを捨てるのかもしれない。

転載元:
http://www..com/ http://number.bunshun.jp/articles/-/828110



単純に女オタクの悪い質なのか、すごくすごくどちらの光景も見てみたいと思ってしまいました。

棚橋さんが勝ってベルトを手にして破壊行為を止めるのか、はたまた負けて無惨にもボロボロとなったベルトを目の前でトドメを刺されるのか……。

内藤さんが挑戦者である棚橋さんを叩きのめして最後にベルトにとどめをさすのか、負けてベルト破壊に対する暴挙を咎められるのか……。

妄想が広がっていく、広がっていくぞ……!

ただ、どちらが勝っても負けても、最後には美しい光景になる事を祈っております。
あと凄惨なセメントマッチにならないことも祈っております。




IC王者本人からのIC王座の封印を示唆……。
つまり、会社の方としても、封印に乗り出すにはうってつけの好機なのかな?と。
いや、もし会社がベルト破壊行為を『美味しい』と思ってるなら、封印はさせず今後も王者のままで、ニュースになるような話題提供をさせ続けるんでしょうか?
前回記事参照ですが、私個人の考えとしては棚橋さんが奪取しても、内藤さんが防衛してもIC王座は封印のような気がします。

ま、私はハマりたてのファンでしかないので、運営批判やらはやめておきます。
批判するほど長く好きなわけじゃないですし。
ぜひ、内藤さんには、ムチだけではなく飴も与えてください。
グッズ売上など、会社には多大な貢献をしてると思いますしね。



次回からは女オタクらしい、女性向けのニッチ産業的なブログ書きたいと思っていまして、絶賛準備中です。
男性から見たら『うわっ…キモッ……』ってなりそうで最初に謝ります、すみません。