オタクの独り言

若手俳優・ハロプロ・2次元(うたプリ)が好きな成人済のオタクが最近はプロレスのことを殴り書きするブログ

よくよく考えてみた話

(※CHAOSファンは気分が悪くなる話なので、最初に謝ります。制御不能に書いてます。すみません。)


よくよくKIZUNA ROADのこと考えたんですよ。



CHAOSの推されなさのこと。


KIZUNA ROADの序盤(6/20)に6人タッグマッチを組まれた、タグチジャパンとLIJ。
地方2大会をメインで前哨戦を組まれるのは凄く分かります。

どちらのユニットも人気ですし。
『これからタイトルマッチなんだな』
って感じがビンビンしますし。


東北3連戦。
なのに蓋を開けてみたら、3大会中2大会がタグチジャパンとLIJのタッグマッチがメイン。


( ºωº )???



よく考えたら、6/26に無差別級のタイトルマッチ組まれてますよね?

なんで3大会中2大会のメインが、タイトルマッチに関係の無いタグチジャパンとLIJなんでしょうか??


べ、べつに、盛岡大会がセミだった恨みじゃないですよ!!(滝汗)
YOSHI-HASHIさんの裏返った声の『エルボー!』がくっそかわいかったからべつにいいんですよ!!(声を大にして)


本音を書くと、期待されてなかったとか考えちゃいそうなんですけど。


でもよく考えてみると、BUSHIさんが6/27のタイトルマッチ組まれてました。
KUSHIDAさんがいなくても、所属ユニットとしてタグチジャパン全体での代理抗争があの2大会だったのかもしれないですよね。


あー、これかー。
書きながら納得ー。(笑)


にしても、CHAOSとして推されてるわけではなく、会社は驚くほど本当にオカダさんだけ推してるんですね。

CHAOSというユニットの立ち位置が、改めてよく分からなくなりました。
DVDとヨシハシカメラのためのユニット?って思っちゃう。
そんなことを思ってしまって、CHAOSファンには大変申し訳なく思ってしまいます。


CHAOSのメンバー1人1人は素敵で魅力的なんですけど、試合になるとなぜか魅力が半減してしまう。
ユニットとしてもう1回キラキラ輝いてほしい、そんなことを考えました。