オタクの独り言

若手俳優・ハロプロ・2次元(うたプリ)が好きな成人済のオタクが最近はプロレスのことを殴り書きするブログ

八木哲大は『YOSHI-HASHI』になるのか?『髙橋ヒロム』になるのか?

 

タグチジャパン監督、田口監督評

不器用だけどガッツがある

(あ、ここ文章どっかで…!とか言わないの)

 

個人的に不器用ながら現在も新日本で活躍するレスラーを思い浮かべたら、2つの道になるのかと思いました。

 

それが題名。 

 

八木哲大は、『YOSHI-HASHI』になるのか?『髙橋ヒロム』になるのか?

 

 

と思ったんですが……、

これを読んでから、なんだかとってもYOSHI-HASHIの道に進みそう感がとてつもなくハンパない。

同じ不器用でも、会社のプッシュと相まってセルフプロデュースも上手いヒロムさんのようになって欲しい!と願うばかり。

 

なんで髙橋ヒロムが不器用なの?

 

と思う方いると思いますが、プロレス脳はさすがLIJメンバーということで素晴らしいと思います。

しかし、ちょいちょい試合の技が雑な印象を受けたり、YL時代のお話とかみると不器用かな?と思うのです。

 

同じ不器用でも、違う不器用な2人。

八木くんに示された道は大まかに言うと、この2つだと思います。

 

シングル、タッグともに無戴冠だけはやめて欲しい。

不器用でもいいから、絶対なにかしらベルトを戴冠して欲しい。

そんな風に思いつつ、静かに八木くんを応援しております。

ベルトを戴冠するその日まで……!

 

当ブログは、八木哲大を応援しております。